んにちは。
なおきです。

もしもあなたが

*肩こり

*腰痛

*疲労

*身体が硬い

などの悩みを抱えているとしたら…

 

このブログはそんな
あなたのための
ブログです。

私がこうしてあなたに

ストレッチの害悪を
お伝えするのには
理由があります。

私は、
自分の仕事と関わって
いく中で

肩こり・疲労
を克服しました。

世の中には、
間違った情報や
遅れている情報

非常に多いと感じています。

私も
これらの情報に
たどり着くまでは、

肩こり・腰痛・疲労にも
悩まされており、

ひどい時には
頭痛があり、
薬を飲む
程でした。

それから勉強し、

毎日セルフケアを
続けた結果…

肩こり・腰痛・疲労が
一切なくなりました。

現在、
私は理学療法士
として働いていますが、

肩こり・疲労に悩む人は
本当に多いと感じています。

*つら~い肩こり!

*なんとなく疲れがとれない!

あなたは当てはまりますか?

「残念ながら当てはまる…。」
そう思ったあなた。

もうそろそろ根本的に
改善していきませんか?

今の生活を変えない限り
症状はどんどん
悪化してしまいます。

症状が軽いうちなら改善も
早く出来ます。

①肩こりや疲労を感じるのに
見て見ぬ振りをして

毎日少しずつ
症状が悪化していく
人生

②1日5分だけ時間をとり、
肩こりや疲労を改善させて

毎日エネルギッシュに過ごす人生

これからの人生、

さて、あなたは
どちらの人生を
歩みたいですか?

選択はあなたの自由です。

ここまで、ブログを読んで

「セルフケアが必要なんだ!」
「でも何をしたらいいの?」

そう思って下さったあなた。

このブログは、
そんなあなたのために
書いています。

回お伝えするのは、

「ストレッチと肩こりの関係」

です。

数回に分けて

ストレッチの
害悪について

お伝えしてきましたが、

実際に
どのように肩こりと
結びつくのか

解説していきたいと
思います。

私は、
パッと見ただけで
あなたが肩こりかどうか

わかります。

なぜならば
あなたはこんな背中を
しているからです。

肩が前に出ている

通称
「巻き肩」
になっていると

肩の筋肉が
常に伸ばされる

つまり
ストレッチされている状態
になってしまいます。

このブログで触れている

ように

ストレッチをすることは
身体を硬くし、
力が入らなくなります。

これが

24時間
365日

続いたら
鋼のような肩こり
になるのも当然ですよね。

ずは、

簡単に巻き肩のチェックを
しましょう。

1、仰向けになる

2、床に両肩が着くか
チェックする

肩がつかない場合は、
あなたは巻き肩です。

これが解消されないと
あなたの肩こりを
治すのは

ほぼ無理です。

こちらで
解消方法を
公開しています。

巻き肩改善

すぐ
巻き肩チェックを
やってみましょう!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。