んにちは。
なおきです。

今回は、
「なぜ肩こりは起こるのか」
についてお伝えします。

この知識を得ると

・1日30分以上
パソコンやスマホに
向き合うことができず、

仕事が全く進まない。

バッグを持って移動する
だけで肩が重くなる

・肩を回すだけで
隣の人に「パキッ」
と聞こえてしまう

といった症状が

なぜ起こるのか
どうすれば治るのか

ということが
わかるようになり、
毎日の生活が快適になります。

回お伝えするのは、

「ストレッチは身体に悪影響」
ということです。

体育の授業、部活の前

あなたは必ずストレッチを
していましたよね。

これは

「身体に対して
悪影響極まりない」

ということです。

ストレッチを
行ってしまうことで

・身体が硬くなる
・筋力が低下してしまう

という弊害が生まれてしまいます。

「え?ストレッチって体に悪いの?」

と疑問に思うかも
しれません。

想像してください。

「筋肉=ゴム」
というのは想像
できると思います。

伸びきってしまった
ズボンのゴムに

伸縮力はありますか?

ゴムが伸び縮みしますか?

ストレッチを行い、
筋肉を伸ばしすぎることで

この
「伸びきったゴム」
の状態になってしまうのです。

伸びきってしまうと
筋肉は硬くなってしまいます。

これが
「肩こりの原因」
なのです。

まだ
今回の話が繋がっていない

と思うので
また次回に具体的な話を
してきたいと思います。

回の話は、

1、ストレッチはパフォーマンスを
悪くする

2、それに代わる方法を知る
必要がある

ということです。

すぐ

Googleで
「ストレッチ」
と検索し、

今回の話を確認
してみましょう。